ETC利用にはETC車載器の準備も必要です

MENU

ETC車載器のセットアップと取り付けはできていますか?

ETC車載器画像

高速道路や有料道路をETC利用で走行しようと思って、急いでETCカードを即日・当日発行で作っても、クルマにETC車載器を付けていないとETC走行することはできません。
ETCカードを即日・当日発行で作るという方は、急いでETC車載器も付けないといけないという状況にあると想像するのですが、もしそうでしたら、大手のカー用品店、例えば「イエローハット」や「オートバックス」などは、ETC車載器のセットアップや取り付けも当日中に可能です。もちろん遅い時間の来店では当日中には無理ですが、午後でも早めの時間なら当日中に取り付けて利用可能な状態にセットアップも行ってくれるはずです。時間的に心配な場合は、お店に行く前に電話して、今から言っても当日中にETC車載器のセットアップまで完了できるか聞いてみるといいです。

ETC車載器の購入

ETC車載器はカー用品店以外にも、楽天市場やアマゾンなどのネットショップでも販売しています。機能的に普通のものであれば良いならば、5千円前後で購入できます。個人的にはこの価格帯のETC車載器で十分だと思っています。

ネットショップでも、セットアップ作業に対応しているショップもあります。ただ、届いてからクルマへの取り付けをしなければいけません。自動車に詳しく、自分で取り付けできる方や知り合いにやってもらえる方はいいと思いますが、取り付けに自信がない場合は、カー用品店で購入してセットアップと取り付けもやってもらうのが良いと思います。

ネットショップでセットアップもしてもらって購入し、地元のカー用品店や整備工場などで取り付けてもらうというのでもOKです。ディーラーでもやってくれますし。

私は、ワンストップで手早く済ませたいタイプなので、カー用品店で購入して、セットアップと取り付けまでしてもらいました。お店が混んでいない平日に行ってやってもらいましたので、1時間程度で完了しました。5千円前後のETC車載器を購入し、セットアップ料金と取り付け料金込みで1万円前後でした。

ETC車載器のセットアップとは
ETC車載器にクマルのナンバーなど車両の情報を書き込む作業です。このセットアップをすることでETCシステムが利用したクルマを特定して料金等を算定できるということになります。セットアップしていないETC車載器は機能しませんので、必ずセットアップ作業が必要です。ちなみに、セットアップ単体の料金は3千円前後です。

ETC車載器の取り付け
ETC車載器の取り付けですが、クルマに詳しい人やクルマをいじるのが好きな人だと難しくないといいます。私はクルマについては詳しくない方ですので、自分で取り付けるのは無理そうと思い、カー用品店で全てやってもらいました。
取り付けだけの料金だと、お店や整備工場などによって少しバラツキがありますが、おおむね3千円前後だと言われています。
自分で取り付けられ目方や誰かにやってもらえる方は、この3千円前後が浮くことになりますので、やれる人は自分で取り付けるのもいいと思います。